Disc Selection Guide

ゴルフディスクはそれぞれ投げたときの曲がり方が異なり、プレイヤーの技術レベル(リリーススピード)によってそれは大きく変化します。イノーバーではそれをフライトナンバー表示で表しディスク選びの参考値としています。

自分にあったディスクを探そう!

ディスクゴルフに使用するディスクの事を一般にゴルフディスクと呼びます。ゴルフディスクには、ボールゴルフのクラブと同様に多くの種類があります。大きく分けると3種類に分けることができ、さらにその中でも材質による違い(プロ、チャンピオン、スター、DX)、形状による違いがあり全て異なった飛び方をします。ゴルフディスクはプレーヤーの技術レベル(リリーススピード)に合った正しい選択が必要です。
イノーバージャパンではその選択の目安になるようにステイブル(=飛行安定性)表示を取り入れています。投げ出しの強さを数値で表していますので、ご自分で真っ直ぐに投げられるディスクの数値をもとに、ディスク選びの参考にしてください。

大きく分けた3種類のディスク

  • 長距離用
  • 中距離用
  • パット&アプローチ用
自分にあったディスクの見つけ方 真っ直ぐに投げられるディスクを探すこと

初心者の方へ

ゴルフディスクは、一般的なフライングディスクに比べ直径が小さく、空気抵抗を受けにくくするために薄く、その割りに重量がある(一般的なものが 100g前後なのに対しゴルフディスクは130g~150g)のが大きな特徴です。これは「飛距離を出す」という競技の特徴に基づいて設計されているためです。
エッジの尖った長距離用ドライバーディスクを見れば、誰もが遠くまで飛ばせると思うもの。しかし実際に「飛距離を出す」ためには、素早い投げ出し時のスピードが必要不可欠となります。そのため、全てのモデルが持っている、それぞれの一定の投げ出し時のスピードが得られなければ、性能を引き出しきれずに左へ大きく曲がってしまいます(時計回転時)。まずは、「B」モデル(スタータキット)や、(ビギナー向け軽量モデル)から。そして(エッジの丸いモデル〈パット&アプローチ用〉)を選ぶことをお勧めします。

まずは、このモデルから始めよう!

初心者はスタータキット、ビギナー向け軽量モデル、パット&アプローチ用から選ぼう!

ステイブル表記におけるモデルの選択方法

「ステイブル」はディスクの安定性能を示す目安です。
  • 【オーバー・ステイブル】 左へ曲がる性能(時計回転時)
  • 【アンダー・ステイブル】 右へ曲がる性能(時計回転時)

中級者・上級者の方のディスクの選び方

素材選び

ゴルフディスクは、同じ形状(モデル)でも多種の素材から選ぶことができます。柔らかさ・耐久性・グリップした感じなど自分に合った素材を選ぶことができます。

フライトナンバー

INNOVA製のディスクゴルフ用ディスクは4種類の数値の組み合わせで構成されています。

  • Speed【スピtード】

    ディスクが飛行する際に空を切り裂く能力です。1~14までの数値で表され、数値が高いほど空気抵抗が少なくより遠くに飛ぶ能力を持ちます。
    スピードが高ければ良いと言うわけではなく、距離に合わせた数値の選択が必要です。
  • Glide【グライド】

    グライドは、ディスクの飛行を保ち滞空時間を伸ばす能力です。
    1~6までの数値で表され、数値が高いほどディスクの飛行に伸びが出てきます。
    特に初心者や女性プレイヤーはグライドの高いもの選ぶと、自然と飛距離アップに繋がるでしょう。
  • Turn【ターン】

    ディスクの回転方向へ曲がっていく能力です。
    0の数値をストレート(基準)とし1~-5までの数値で表され、数値が低い(マイナスが強い)ほどディス クの回転方向に強くターンして行きます。初心者や女性プレイヤーでディスクが真っ直ぐに飛ばない方は、ターンの強いディスクを投げてみることをお薦めします。
  • Fade【フェード】

    ディスクの回転方向とは逆方向に曲がろうとする能力です。
    0の数値をストレート(基準)とし0~5の数値で表され、数値が高いほどディスクの回転方向 とは逆に強く曲がって行きます。
    フェードの強いディスクは初心者や女性プレイヤーなど非力なプレイヤーにはあまりお薦めできません。

経験者は、自分が真直ぐに投げられるモデルを基準に判断

経験者の方は、既に使用しているモデルの中で、ご自身が真直ぐに投げられるモデルの数値を基準として、それより高いものは左へ、低いものは右へ(それぞれ時計回転時)それぞれ操作しやすいモデルだと判断することができます。